24時間テレビ2017タイムテーブル最新版!ドラマの放送日時、内容まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

24時間テレビ 2017

いよいよ今年、2017年の『24時間テレビ』の放送が迫ってきました!

今年の『24時間テレビ2017』はいつも以上に世間から注目されていますね。

その理由は、もちろんマラソンランナー発表の件。

例年の『24時間テレビ』は事前にマラソンランナーを発表し、そのマラソンランナーの練習風景に密着するという方法でしたが、今年はその理由は明らかにされていませんが『24時間テレビ』放送当日に指名するという形になりました。

24時間テレビ』の出演者の中から指名することだけ発表されていますが、その”小出し感”がさらなる注目を集める要因となっています。

2017年で40回目という節目を迎える『24時間テレビ』ですが、これだけ回を重ねていくとマンネリ化は否めず、定番のお涙頂戴系も少々食傷気味となっていました。

その打開策がマラソンランナー小出し作戦なんでしょうね~

ネットでもマラソンランナーの予想で盛り上がっている『24時間テレビ2017』ですが、今回の記事では『24時間テレビ2017』のタイムテーブル最新版をお届けいたします。

合わせて亀梨和也さん主演のスペシャルドラマの放送日時や内容(あらすじ)などもご紹介していきますので、どうぞ最後までお楽しみください(^^)

それではさっそく『24時間テレビ2017』のタイムテーブル最新版を見ていきましょう。

Sponsored Links

24時間テレビ2017タイムテーブル最新版!

まだ全部は発表されていませんが、現在発表されている『24時間テレビ2017』のタイムテーブルを全てご紹介したします。

8月26日(土)のタイムテーブル

18:30 オープニング(企画発表やマラソンランナーの発表など)

19:00 マラソンスタート

19:30頃 企画2

20:00頃 羽生結弦のアイスショー

21:00頃 24時間テレビドラマ『時代を作った男~阿久悠物語~』

23:00頃 嵐にしやがれ生放送

深夜 しゃべくり007

深夜 有吉反省会 生放送

8月27日(日)のタイムテーブル

4時頃 歴代朝の顔 ズームイン司会者5人が大集合 お宝映像&今だから言える告白SP

4時26分頃 24時間テレビ今昔物語

4時35分頃 復活!ウィッキーさんのワンポイント英会話 懐かしの映像&あの芸能人に生直撃

7時31分頃 櫻井翔の亡き祖父は新聞記者!?初めて知った平和への思い

8時45分頃 テレビで見せない梅沢富美男 人生の3大告白

10時46分頃 天才作詞家・阿久悠 時代を超えた名曲秘話

11時31分頃 家族を支える母に右手~未来をつかむ夢の義手~

11時46分頃 貴乃花長男 靴職人・花田優一が初挑戦!~80歳 伝説のタップダンサーの最後のシューズ~

13時13分頃 17歳の女子高生が告白 同級生の前で勇気を出して…

14時03分頃 箱根3連覇 青学・原監督 覚悟の1500m走

14時33分頃 日本のアニメ生誕100周年 勇気と希望を届ける!アニメソングメドレー

15時20分頃 三浦祐太朗が母・山口百恵への思いを告白 37年ぶりに蘇る武道館で「さよならの向こう側」

16時19分頃 林修が日本一のチョーク工場へ 社員の7割が知的障害者

17時02分頃 黒柳徹子が「徹子流の生き方」を伝授!夢を追う若者に特別授業

17時30分頃 チャリティー笑点

19時02分頃 未来への希望を歌声に 櫻井翔が伝えるふるさと福島

19時24分頃 女芸人と耳の不自由な子どもたちがコンビネーションマリンバに挑戦!

20時40分頃 グランドフィナーレ

Sponsored Links

24時間テレビ2017ドラマの放送日時

発表された『24時間テレビ2017』のタイムテーブルによると、24時間テレビスペシャルドラな『時代を作った男~阿久悠物語~』の放送日時は

8月26日(土)21:00頃から放送開始となっております。

24時間テレビ2017ドラマの内容(あらすじ)

24時間テレビスペシャルドラマ『時代を作った男~阿久悠物語~』のあらすじの詳細が発表されましたのでご紹介いたします。

24時間テレビスペシャルドラな『時代を作った男~阿久悠物語~』あらすじ

24時間テレビ ドラマ 阿久悠物語 あらすじ

時代を彩った数々の名曲を生んだ作詞家・阿久悠。”ヒットメーカー”と呼ばれた阿久の歌は、平成の今も愛され続けている。阿久の妻・雄子(松下奈緒)は、女子高生たちが夫の作った歌を口ずさむ姿を見て、阿久と出会った頃を思い出す……。

昭和38(1963)年、阿久悠こと深田公之(亀梨和也)は、広告代理店に勤めるサラリーマンだった。そこで出会ったのが雄子。同じ匂いを感じた二人はつき合い始め、翌年結婚。この頃から、会社には内緒で放送作家のアルバイトを始め、そこで「阿久悠」というペンネームを使うようになった。

“ものを書く”仕事をしたかった阿久は、やがて会社を辞めフリーの放送作家に。そして、作詞にもチャレンジするとその才能を発揮し、森山加代子の『白い蝶のサンバ』を大ヒットさせる。「時代を作る流行歌を生み出したい」と、本格的に作詞活動をすることを決意する阿久。仕事はますます忙しくなり、雄子と息子・太郎の待つ家へ帰るのは 2~3か月に一度、という状況になっていった。

昭和46(1971)年。阿久は、日本テレビのプロデューサー・池沢(八嶋智人)に声を掛けられ、新番組の立ち上げに参加する。池沢は「テレビ局からスターを生み出したい!」と、新しいオーディション番組を作ろうとしていた。池沢にアイデアを求められた阿久は、オーディションのすべての過程をガラス張りにして放送するという今までにない番組スタイルを提案する。それが伝説のオーディション番組、「スター誕生!」の始まりだった。

自ら審査員を務めることも決まり、いよいよ『スター誕生!』の放送が開始。しかし、阿久や池沢ら制作スタッフが期待していたようなスター候補生はなかなか現れず、番組は前途多難なスタートを切ったのだった――。

引用:http://www.ntv.co.jp/24h/drama2017/story/index.html

以上が、24時間テレビスペシャルドラマ『時代を作った男~阿久悠物語~』のあらすじです。

日本を代表する作詞家・阿久悠さんがどのような人生を送ってきたのか、非常に楽しみですね!

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする