製硯師・青柳貴史のwikiプロフィールや年収は?彼女や結婚についても!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月21日(日)23時20~放送の『情熱大陸』に製硯師(せいけんし)の青柳貴史(あおやぎ たかし)さんが出演されます。

製硯師と聞いても、いったいどういう職業なのか聞きなれない言葉ですね。

製硯師』とは、オーダーメイドの硯(すずり)の製作から修理や復元まですべてを手掛ける職業で「硯の何でも屋さん」です。

今でも小学校の授業で書道の時間があると思いますが、多くの小学校で使用されている硯は石ではなく、墨を使わずに水で習字ができるセラミックやプラスチックで作られている道具が主流になってきています。

どれも軽くて安くて使いやすいですが、製硯師青柳貴史さんは「石の硯で墨を擦るときの感触、音、香り、その全てが日本の毛筆文化の基本。

「何としても次の世代に継承しなくてはならない」と、この流れに危機感を持って活動されています。

そんな男気ある、製硯師青柳貴史さんのwikiプロフィールから年収、彼女、結婚などに関する情報をまとめていきます。

Sponsored Links

青柳貴史さんのwikiプロフィール

青柳貴史 wiki プロフィール 年収

名前:青柳貴史(あおやぎ たかし)
生年月日:1979年2月8日
年齢:38歳(2018年現在)
出身地:東京都台東区浅草
職業:製硯師

青柳貴史さんは『宝研堂』という昭和14年に創業された書道用具専門店の4代目になり、東京・浅草に代々続く製硯師として継がれています。

幼い頃から、祖父と父の背中を見て育った青柳貴史さんは16歳の時から仕事を教わるようになり、大学3年生(21歳)の時に祖父が倒れたのをきっかけに製硯師になろうと決意しました。

現在では製硯師の日本唯一の継承者とされ、その美しい硯の彫りや磨きで世界中にファンがいます。

「硯作りの貴公子」とも呼ばれる程、誰がみてもイケメンな青柳貴史さんですね。

Sponsored Links

青柳貴史さんの年収

そんなすごい経歴をお持ちで世界中から支持を集める製硯師青柳貴史さんですが、やはり気になるのは年収ですね!

しかし、残念ながら青柳貴史さんの年収については公表されていませんし、製硯師という職業は日本に青柳さんただ1人しかいないため、平均年収なども公表されていません。

ですので、ここからはあくまで予想という形になりますが、青柳貴史さんが代表を務める「宝研堂」は、貴史さんで4代目になる由緒あるお店です。

商品の価格は1,000円台のものから、なんと億単位の価格の商品もあります。

価格差がすごすぎで年収なんて予想できたもんじゃありませんね。笑

ですが、昭和14年から代々受け継がれてきた製硯師の日本唯一の後継者なわけですから、軽く年収1,000万円以上はあるでしょう。

世界中からオファーが殺到しているということですので、もしかしたら、年収億超えという可能性もあると思います。

青柳貴史さんの彼女や結婚

続いて気になるのは、とてもイケメンな青柳貴史さんに彼女はいるのか、それとも、もうすでに結婚されているのかということですが、やはり一般の方いうこともあり調べてみましたが情報はありませんでした。

青柳貴史さんは今までも多くインタビューされていますが、祖父や父のことについてばかりでご自身のことについては語られていません。

とてもイケメンで年齢も38歳ということもあるので、そのへんについても『情報大陸』で何かわかるといいですね!

まとめ

以上が製硯師・青柳貴史さんのwikiプロフィールや年収、結婚、彼女などについてでしたがいかがでしたか?

製硯師という職業があったこと自体にびっくりでしたが、それが青柳貴史さんだけに唯一継承されているということでさらに驚きでしたね!

これから先も絶やしてはならない「日本の技」とはまさにこういうことを言います。

日本で唯一の職業だけに、年収や彼女、結婚などについては謎のままですが、今回の『情熱大陸』で少しでも青柳さんの謎が解けるといいですね(^^)

Sponsored Links

関連記事

ヤマロク醤油の口コミや販売店、取扱店は?鶴醤が人気で見学もできる!?
クロスフィットトレーナー・AYAのインスタ筋肉画像!wikiプロフィールは?
刀鍛冶・吉原義人のwikiプロフィールや経歴は?刀の値段や価値を調査!


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする