有栖川宮詐欺事件の犯人の顔写真や現在!被害にあった芸能人は誰?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは「有栖川宮詐欺事件」を覚えていますか?

この事件は2003年に実際にあった詐欺事件なんですが、その内容があまりにも衝撃的だったので覚えている方も結構いらっしゃると思います。

事件の内容は簡単に言うと、皇室の名前を語って結婚披露宴を開き大勢の招待客からご祝儀などを騙し取ったというものです。

皇室の名前を語るなんて、かなりだいそれた事をしますね〜

普通の神経じゃちょっと思いつきもしないし、思いついたとしても実行に移すことはとてもできないような詐欺事件です。

しかもこの事件、なんと芸能人の方も多数被害にあっているんです!

いったいこのような大それた詐欺事件を起こす犯人とはいったいどのような人物なのでしょうか。

今回は、「有栖川宮詐欺事件」の犯人の顔写真や現在について、それから被害にあった芸能人は誰なのか?ということをご紹介していきます。

Sponsored Links

有栖川宮詐欺事件の詳細

有栖川宮詐欺事件は、2003年(平成15年)4月に東京で発生しました。

華族・有栖川宮の祭祀継承者であると偽った男性が偽の結婚披露宴を開催し、400人ほどの招待客を集め祝儀を騙し取しました。

犯人の男は母親にゆかりのあった地名「川島有栖川町」をヒントにニセ有栖川宮を名乗るようになりました。

最初のうちは、関西を中心にパーティーなどで皇族のふりをして満足しているだけのしがない詐欺師でした。

その当時の詐欺の成果は時折もらえる車代ぐらいだったといいます。

そんな小物詐欺師に転機が訪れたのは2002年にある女性と出会ってからでした。

その女性は当時イベント会社に勤めていて、男の肩書を紹介されたとたん目の色が変わったと言います。

その女性の押しの強さに負けてしまったのか、男は自分がニセモノであることを打ち明けましたが、女は「そんなことどうでもいいではありませんか」と言ったそうです。

そしてその女性は籍も入れないまま出会いから半年で披露宴を企画しますが、ニセ皇族の男性の方は、バレることを恐れ披露宴にしり込みしていました。

そのため披露宴は全てその女性が仕切り、家紋入りのパンフレットには自分たちがいかに由緒正しい有栖川宮の継承者かを長々と解説。

さらに木箱入りの絵付け皿まで用意し招待客に配ってまわるという熱の入れようでした。

要約すると、元々はさえないしょぼくれた小物詐欺師だった男が、ある女性に出会ってから詐欺行為が加速していったというわけです。

”類は友を呼ぶ”とはまさにこのことです。

それでは有栖川宮詐欺事件の犯人の男と女の顔写真や現在を見ていきましょう。

Sponsored Links

有栖川宮詐欺事件の犯人の顔写真や現在

まず写真がこちら。

うーん、詐欺事件とわかって写真を見ているからかもしれませんが、どうみても普通のおじさんとおばさんの写真にしか見えません。笑

皇族の方たちってもっと品格というか、何かそういうオーラみたいなものがありますが、この2人にはそれは皆無。

やはりどう見たって一般人です。

そんな犯人の2人ですが、現在は何をしているのでしょうか。

自称・有栖川識仁(ありすがわさとひと)と名乗っていた男の本名は北野康行、当時41歳。

出身は京都府宇治市で、実家は皇族・・・とは何の関係もない普通の八百屋さんです。

中学校卒業後、高校へは進学せず工場で働いていました。

何をしても長続きせずに転々と職を変え、伏見博(ふしみひろし)という偽名まで使っていた時期もあったそうです。

1984年から有栖川識仁(ありすがわひさひと)を語り、高松宮信仁親王から有栖川家の祭祀を継承するようにと言われていると公言し始めたそうです。

有栖川を語り始めたきっかけは母親にゆかりのあった地名「川島有栖川町」とのことですが、なんでここから自分が皇族として有栖川を名乗ろうと思ったのか意味不明ですよね。

まあこんな詐欺事件を犯すような人物の思考回路なんて理解しようがないですが、本当に不思議です。

その後、政治団体「有栖川記念事業団」(のちに有栖川記念に改名)を設立して、多数の会社に出入りしては顧問料を受け取っていたそうです。

こんなことばかりやっていて心が痛まないんですかね。

そして女性の方は名前が坂本晴美。

熊本県出身で、高校生の時にはミスインターナショナル熊本地区予選で準ミスに選ばれたこともあるほどの美貌の持ち主でもあります。

そんな彼女はやはり性格にちょっと難があったようで、周囲の人は

「性格は超自己中で超上昇志向」

「いつもまわりを振り回して、本人自身、“自分が中心でなければイヤ”といっていました」

などとインタビューで言っていました。

その性格のせいか、結婚と離婚を繰り返し、大きな子どももいるみたいです。

仕事はテレビリポーターやネットワークビジネスなどの仕事を転々としていて、その美貌を活かして銀座のホステスだったこともあるようです。

北野康行さんと坂本晴美さんが出会ったのは2002年。

4つ年上の坂本さんに北野さんのほ方が夢中になったそうです。

写真では普通のおばさんにしか見えなかったですが、準ミスに選ばれるくらいですから、実物は美人だったんでしょうね。

そんな2人にコロッと騙されてしまった芸能人の方たちをご紹介いたします。

被害にあった芸能人

有栖川宮詐欺事件」の舞台をなった披露宴に出席した芸能人として名前があがっているのは以下の4人。

  • 石田純一
  • デーブスペクター夫人
  • エスパー伊東
  • ダイヤモンドユカイ

こんな詐欺事件に騙されるぐらいですから、あまり売れていないような芸能人なのかと思いましたが、意外にも大物ばかりでびっくりです。

石田純一さんとエスパー伊東さんは人が良さそうなので、普通に騙されそうですけどね。笑

ダイヤモンドユカイさんに関しては、余興で歌を披露するために呼ばれたとのことですので、招待客とはちょっと違うのかもしれませんが、有名人なので名前があがってしまうのはしょうがないかもしれませんね。

しかしデーブスペクターさんは、テレビではあんなに日本の政治や芸能ゴシップについていろいろうるさいのに、こんな人でも騙されるときは騙されるんですね!

もしかしたら他にも有栖川宮詐欺事件の披露宴に参加した芸能人はいたかもしれませんが、今わかっているのはこの4人だけです。

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする