エド・はるみが消えた理由は島田紳助ではなかった!?噂の真相を徹底調査!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライザップのCMでのエド・はるみさんの激ヤセが話題になっていますが、ふと疑問に思うことがあります。

【エド・はるみ】激太りの原因は?ライザップで激ヤセもリバウンドの可能性!

それは、一時はあれだかテレビに出ていたエド・はるみさんが、いつの間にかテレビから姿を消していたことです。

たま〜に見ることはありましたが、以前ブレイクした時に比べると全くと言っていいほどです。

あれだけテレビに出ていた人があれだけ急にいなくなるなんて、よく考えてみたら不自然ですよね?

何か事件を起こしたということも考えられますが、それならそれでエド・はるみさんほどの有名人なら大々的に報道されるはずですが、そんな報道はなかったように記憶しています。

芸人の世界には”一発屋”という言葉がよく使われますが、エド・はるみさんもただの”一発屋”だったのでしょうか?

それとも、何か他に真相があるのでしょうか?

調べてみるといろいろな説がありましたので、今回はエド・はるみさんが芸能界から姿を消した真相についてまとめていきます。

Sponsored Links

エド・はるみさんが消えた理由

噂①:島田紳助との確執説

エド・はるみさんをテレビで見なくなって、一番最初に噂になったのがこの島田紳助との確執説です。

なぜこのような噂がたったのかというと、それはエド・はるみさんがブレイクしてまもなく紳助さんの番組に出演した際、エド・はるみさんを目の前にして紳助さんが言った言葉です。

「こんなおばさんがなんで売れているのかわからない。トークもたいして面白くないし一発屋のオーラ出てるから間もなく消える」

こんな言葉を言い放ったのです。

紳助さんがは歯に衣着せぬ物言いが売りのキャラクターで、毒舌は愛情の裏返しとも解釈できるかもしれませんが、こうして活字であらためて見てみるとかなり辛辣な言葉のように思えてしまいます。

たぶんこの言葉をネットニュースか何かで見た人たちが「あ、エド・はるみは島田紳助に嫌われているんだ」と思い込み噂になったんだと思います。

しかしこの島田紳助との確執説は、エド・はるみさん自身がブログで否定しています。

自分と紳助の関係は良好で、「全くの誤報であり、噂と憶測で書かれたもので、まったく事実ではありません」

と主張しているこのから、この噂は真実ではないということがわかりました。

噂②:CAとのトラブル説

次の噂がCA(キャビンアテンダント)とのトラブル説です。

この噂は、飛行機での移動中、空調の真下の席となったエド・はるみさんが通りがかったCAに「席を代えてもらえないか」と頼んだところ、 待たされた挙句に席はないと言われてしまいますが、別のCAにまた声をかけてみたところ実際はその日は空席が多く、今度はすんなりと席を移動することができたそうです。

その後、始めのCAが通ったのでエド・はるみさんがつい「席ありましたけど……」と話しかけると、そのCAに「ハァ?」と言われてしまいました。

これをその問題のCAらしき人物がネット上で

「『ちょっと空調寒いんだけど席ない?』って言ってきた」

「エド・はるみムカつく」

などと発言しそれが一気に拡散。

これはあきらかにCAに非があると思いますが、ネット上でこんな噂が拡散してしまうともう本人がいくら言ったところでどうにもならなかったんでしょうね。

この噂については、2014年9月の『解決!ナイナイアンサー』という番組にエド・はるみさんが出演し釈明していることから、これもテレビから消えた理由ではなさそうです。

Sponsored Links

噂③:マネージャーが原因説

CAとのトラブル説が原因となり

エド・はるみは性格が悪いから消えた」

という線でかたまりつつありましたが、2014年に突然、公式ブログにこんな記事が掲載されました。

「もし芸人エド・はるみが果てなき挑戦をしたら: 長文です。真実です。」

デヴューして6年。これまで色々な記事で、事実とは異なることも書かれて来ました。
誤解されるのも仕事のうちと、やりきれない気持も呑み込んで来ました。でも。もう十分。 真実を自分の口から言うことにします。私が、TVに出られなくなったこと、これは公に初 めて言うことです。

2008年、24hマラソンを走らせて頂き、ようやく顔と名前を覚えていただき、これから頑張 らなければいけない大切な時期、2008年の10月から2009年の5月までの7カ月間、新入社員 の吉田○樹氏(仮名)という男性マネージャーが担当になりました。

彼は、マネージャーであるにもかかわらず、

1.連絡がつかない、携帯もメールも出ない。

2.「エドはスケジュールが一杯」と、仕事のオファーも簡単に断ってしまう。

3.芸人の命であるアンケート用紙も、スタッフの人から預かっているにもかかわらず紛失し、 それすら伝えない。だから、アンケートなどあると知らずに私は打ち合わせに行く。すると 「エドは天狗になってアンケートも書いて来ない」と、スタッフだけでなく、先輩芸人の間でも、広く噂になっていた。

4.2008年の流行語大賞授賞式の時、吉田氏から「20時に受賞会場に入って」と言われ、その通りに入ったら、式は17時から始まっていて、翌朝の新聞に「(大賞をもらったら)翌年は 消えるというジンクスがあるから、わざと遅刻した」とまで書かれた。

5.あるTVのロケがあることを、4時間前まで、吉田氏から知らされていず、番組のスタッフの方と飛行機の隣に乗り合わせた時、「この仕事、2か月前から吉田さんにオファーしていたんですが、まったく返答をいただけず、再度、出演出来るかどうかのお電話をまた1ヶ月後にしたところ、吉田氏から、『エドからまだ返事が来ない』と言われたと告白された。私は4時間前にやることを知ったのに。

6.レッドカーペットの収録も、本番収録が始まってですら、吉田氏から知らされていなかった。

7.他の番組も、2日前に、たまたま廊下ですれ違ったスタッフの方に「あさって、収録よろしく」と言われたことで知り、もし、すれ違っていなければ、その番組もトバしていた・・・・と、挙げても挙げても、キリがありません。

今までずっと誰にも言わず、自分の胸に抱え込み、今日まで来ました。そして、あっと言う間にTVから声が掛からなくなり、2年近くが過ぎています。そして吉田氏はというと、今は地方で耳にピアスをあけ、太って楽しくやっているようです。

もう、彼のことを言っても仕方ありません。自分の力ではどうしようもなかった巡り合わせや運の悪さを、今さら嘆いても仕方がありません。また、一から努力して、這い上がって行くしかありません。エド・はるみ

引用:https://newsmatomedia.com/edo-harumi

この記事によると、どうやらエド・はるみさんが芸能界から消えた本当の原因は、ブレイク当時に彼女を担当していた男性マネージャーにあったとのことです。

エド・はるみさんの所属事務所は吉本興業ですが、他の芸人さんからもたびたび吉本所属のマネージャーのまともな社会人とは思えないような行動やミスが語られてきましたが、このブログの記事が本当ならこのエド・はるみさんのマネージャーの素行はそれらを遥かに超えたレベルのようですね。

エド・はるみさんは過去にマナー講師も務められていて、礼儀にとても厳しいことで有名なキム兄こと木村祐一さんが認めたほどの礼儀正しさの持ち主です。

そんな彼女がきっと何度も何度も注意したにもかかわらず、このようなミスや行動を繰り返されてはエドさんもかなり精神的に参っていたのではないでしょうか。

結論

上記のマネージャーが原因説エド・はるみさん本人のブログ記事を完全に鵜呑みにすることはできませんが、おそらくこれが真相の大半だと思います。

マネージャーのミスが原因で芸能界の中で、「エド・はるみは調子に乗っている」などという噂が広まってしまい、徐々に仕事がなくなっていったのでしょう。

しかし、1つ気になることがあります。

それは本人のブログ記事の最後の7行のこの部分です。

今までずっと誰にも言わず、自分の胸に抱え込み、今日まで来ました。そして、あっと言う間にTVから声が掛からなくなり、2年近くが過ぎています。そして吉田氏はというと、今は地方で耳にピアスをあけ、太って楽しくやっているようです。

もう、彼のことを言っても仕方ありません。自分の力ではどうしようもなかった巡り合わせや運の悪さを、今さら嘆いても仕方がありません。また、一から努力して、這い上がって行くしかありません。エド・はるみ

引用:https://newsmatomedia.com/edo-harumi

この文面からは、私には全く非はなく完全な被害者なんだという彼女の考えが伝わってきます。

しかし本当にそうでしょうか。

僕は違うと思います。

自分に降りかかった出来事で、完全に自分に非がない、反省点がないということは基本的にあり得ないと思っています。

僕はエド・はるみさんに起こった全てのことを100%知っているわけではないので、本人の記事からの推測になりますが、それだけでもエドさん本人がやれることはたくさんあったことがわかります。

よく、失敗を他人のせいにする人は力を失い、自分のせいにする人は多くの力を引き寄せると言います。

それもそうですよね。

他人のせいにするということは、自分の人生を他人に預けてしまっているのと同じで、そんな人が成功し続けられるわけがありません。

もし、エド・はるみさんにそういう視線が加わればこれからまだまだブレイクしていくことでしょう!

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする