『母になる』最終回ネタバレ!犯人は小池栄子が演じる門倉麻子!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「母になる ドラマ あらすじ」の画像検索結果

4月12日(水)22時00分~、ドラマ『母になる』の放送が始まります。

主演は「別に…」発言でおなじみの沢尻エリカさん、その夫訳に藤木直人さん、子役に吉武歓くん、道枝駿佑さん、もう一人の母役に小池栄子さんが出演しています。

ドラマ『母になる』子役(コウ役)は道枝駿佑!wikiや経歴、事務所はジャニーズ!?

何かと話題になる沢尻エリカさんの久々の連ドラ主演ということで、かなり世間での期待度も高まっていますね!

この『母になる』には原作はなく、脚本家・水橋文美江さんのオリジナル脚本です。

オリジナル脚本ということは、世界中のまだ誰も見たことがないストーリーが展開されるということですので、ますます楽しみになってきましたね!

今回はドラマ『母になる』の最終回ネタバレを考察していきます。

※ネタバレが気になる人はこの記事は読まないでください。

Sponsored Links

『母になる』第一話あらすじ

「母になる 第一話」の画像検索結果

2001年春、結衣(沢尻エリカ)は両親を亡くし北海道から単身上京します。

そんな中、勤め先の書店で大学講師の柏崎陽一(藤木直人)と出会い、時間をかけながらもゆっくりと距離を縮めていく二人。

やがて結衣のお腹に息子の広「コウ」が宿ったことをきっかけに二人は結婚し、陽一の母・里恵(風吹ジュン) からも温かく迎えられます。

陽一の上司・西原太治教授(浅野和之)も、キャリアウーマンである莉沙子(板谷由夏) とできちゃった結婚すると宣言。

結衣と莉沙子は、母親になる不安を抱えつつもお互いを励まし合います。

Sponsored Links

時は経ち2008年の春。

世間では連続幼児連れ去り事件が世間を騒がしていました。

すくすくと育ち陽一と結衣の息子・広(吉武歓)は3歳になり、その存在は柏崎家を明るく照らしていました。

そんな幸せいっぱいの中、いつものように幼稚園へ迎えにいったある日、一瞬の目を離した隙に姿を消してしまった広。

時を同じくして、隣の部屋の様子に不審感を感じたとあるアパートに暮らすOLである門倉麻子(小池栄子)。

そっとドアを開けてのぞきこんだ麻子はある気づいてしまいますが…!?

ここまでがドラマ『母になる』の第一話のあらすじです。

幸せいっぱいでほのぼのした様子から一転、スリリングな展開に変わっていく様子があらすじからも読み取れますね!

こうなってくるとますますドラマの最終回、結末がどうなってしまうのかということが気になります。

『母になる』最終回ネタバレ

ドラマ『母になる』は、冒頭でも書いた通り原作はなく完全にオリジナルストーリーとなっていますので、テレビドラマならではの展開と結末が予想されます。

現在、公開されている情報では

  • 陽一(藤木直人)は誘拐事件の原因を知って以降、引きこもってしまった
  • 木野愁平(中島裕翔)は過去に闇を抱えている
  • 誘拐されてからの育ての親は門倉麻子(小池栄子)
  • 門倉麻子は子供ができない体である

以上、主に4点です。

犯人は門倉麻子!?

この情報を元に考察すると、普通に考えて犯人は門倉麻子という線が強いです。

が、主演の沢尻エリカさんがインタビューで「今までにないストーリー」だと強調していましたので、もう少し複雑で衝撃的な展開になる可能性があります。

門倉麻子は確かに子供ができない体ではありますが、子供を欲しがっているという事実から子供好きであることがわかります。

さらに13歳までわが子のように愛情を注ぎ育てたわけですから、そんな人間が犯人という結末では何かしっくりきません。

そうなると、犯人は児童福祉司である木野愁平の線も出てきます。

彼が抱えている心の闇の詳細はまだ公開されていませんが、親からの愛情を受けずに育ち、自分と同じような子供たちを少しでも減らすために児童福祉司になりますが、その心とは全く真逆の自分が心の奥底に眠っていて、その衝動を抑えきれずに誘拐してしまった…。

という最終回の結末も十分予想されます。

生みの親と育ての親との間で揺れる広。

二人の母の微妙な関係。

そしてそれを取り巻く人間関係。

最終回での結末はいったいどのような展開になるのか、とても楽しみなドラマです!

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする