今村復興大臣の経歴や学歴、年収は?辞任の原因の失言がひどすぎる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つい先程、今村雅弘復興大臣が辞任する意向を固めたとの情報が入ってきました。

辞任の原因は、連日報じられていますのでみなさんご存知かとは思いますが、度重なる失言が原因です。

もうこの人には呆れてしまいますね。

いったいどういう神経をしてたらあのような発言ができるのか、本当に不思議です。

相手の気持ちを考える、思いやりを持つ、小学校以前から教えられる人として当然のあり方です。

それが国を背負って立つ大臣ともあろうお方が、原発事故の避難者が故郷に帰れないことを「自己責任」だとあり得ない発言。

さらに、東日本大震災については「これは、まだ東北で、あっちの方だったから良かった。もっと首都圏に近かったりすると、莫大な甚大な被害があったと思う」などと無神経極まりないことを発言しました。

動画

見ていて本当に腹が立ちますね。

震災で全てをなくされた方々、原発が原因で故郷に帰りたくても帰れず慣れない地域で一生懸命頑張っている方々のことをなんとも思わないのでしょうか?

もう失言通り越して「暴言」ですよ、これは。

いったい、この今村雅弘復興大臣は、どのような生き方をしてきたらこうなったんでしょうか。

今回の記事では、今村復興大臣の学歴や経歴、年収などをご紹介していきます。

結構詳しく、今村復興大臣のことを根掘り葉掘り書いていきますので、この人の名前を見るのも顔を見るのも嫌だという方は読まない方がいいかもしれません。笑

それではまずプロフィールからご覧ください。

Sponsored Links

今村復興大臣のプロフィール

名前:今村雅弘(いまむら まさひろ)
生年月日:1947年1月7日
年齢:70歳
出身地:佐賀県鹿島市
職業:衆議院議員(7期)、復興大臣
所属政党:自由民主党
選挙区:比例九州ブロック
在任期間:1996年10月21日~
引用:Wikipedia

若く見えますが、もう70歳だったんですね。

普通なら定年してゆっくりと余生を楽しんでいる歳ですが、今村復興大臣は衆議院議員を7期も務められたベテランなんですね。

もうちょっとそれなりの配慮のある発言ができそうなもんですけどね。

まあ歳をとると幼児帰りするともいいますしね。笑

それが良い方に転んでくれればいいんですが、この方は仮にも国会議員です。

これからは節度ある発言と行動を心がけてほしいものです。

Sponsored Links

今村復興大臣の学歴

今村復興大臣は佐賀県鹿島市に生まれ、佐賀県立鹿島高等学校を卒業されています。

佐賀県立鹿島高等学校は現在は中の上ぐらいの学力レベルの高校ですが、今村復興大臣が卒業されたのはもう何十年も前の話しなので、当時はどうだったんでしょうか。

そして大学は東京大学法学部を卒業。

東京大学法学部といえば言わずと知れた日本トップの学部です。

以外と思う人もいるかもしれませんが、東大医学部よりも実は法学部の方が序列は上なんです。

今村復興大臣は、名実ともに日本トップクラスの学力を持っているということですね。

そこまで頭のいい人がなぜあんな失言をしてしまったのでしょう。

本当に悲しいです。

今村復興大臣の経歴

1970年に東大法学部を卒業後は、日本国有鉄道に入社しました。

今で言うJRですね。

昔は国鉄と言っていました。

その国鉄では主に人事・労務関係の部署に所属し、国鉄が民営化された後の九州旅客鉄道では経営管理室長や関連事業本部企画部長を務めました。

日本トップクラスの学力だけに、エリート街道をまっしぐらといった感じです。

政界に進出したのは1996年。

第41回衆議院議員総選挙に自民党公認で佐賀2区から出馬し、新進党新人の横尾俊彦さんらを破り初当選しました。

その後は、農林水産副大臣、衆議院決算行政監視委員長などを務め、2016年に復興大臣兼福島原発事故再生総括担当として初入閣しました。

かなり長い期間、国会議員を務め重要なポストも任されているようですね!

そんな今村復興大臣の年収はいったいどのくらいなのでしょうか。

今村復興大臣の年収

一般的な国会議員の月収は

  • 内閣総理大臣:205万円
  • 国務大臣:149.5万円
  • 副大臣:143.4万円

です。

そしてボーナスが6月と12月支給合わせて819万円ですので、全部合わせると今村復興大臣の年収は2,613万円ということになります。

やはり、大臣だけあってかなりもらってますね!

これだけ国民の税金からお金を貰っている人が、あの発言はちょっと考えられないですね。

これからは節度と思いやりのある発言を…

と思いましたが彼はもう70歳、おじいちゃんじゃないですか。笑

もう引退してゆっくり余生を楽しんでください。

これ以上、大切な税金を無駄に食いつぶす前に。

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする