ドラマ『CRISIS』の格闘術、カリ・シラットとは!日本に道場はある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎週火曜日21:00〜放送中のドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』ですが、初回の放送は視聴率が13.9%と好調でした。

中でも、小栗旬さんが演じる稲見と田丸(西島秀俊)や特捜班のメンバー5名の格闘シーンがかっこよすぎると話題になっています。

僕も実際に見ましたが、みんな本当にキレのある動きで、短い練習期間の中であれだけの動きを習得するには、かなりの努力があったんだろうなと思います。

日本のいわゆる空手や柔道、柔術、総合格闘技やボクシングとも少し違った動きが気になり、どんな格闘術を使っているのか調べたところ、どうやら「カリ」と「シラット」という2つの格闘術を使っているようです。

なんでも、ドラマ『CRISIS』の金城監督がこの「カリ」「シラット」に精通していて、監督自らアクションシーンを監修、指導しているそうです。

今回はこの日本ではあまり聞き慣れない格闘術カリ」「シラット」について詳しく調べてみましたので、どうぞ最後までお楽しみ下さい。

Sponsored Links

「カリ」などんな格闘技?

カリは、別名「エスクリマ(Eskrima)」とも呼ばれているフィリピンの武術です。

カリは、公式にフィリピンの国技と認められていて、学校の体育教育にも取り入れられ国体の正式種目にもなっているほど、フィリピンでは広く認知されている武術です。

日本で言う、空手や柔道、または国技ですので相撲のようなものだ想像していただければイメージしやすいかと思います。

技術面での特徴としては、武器や素手での技術がリンクしていて、素手の時と同じような動きで様々な武器を扱える点です。

日本の空手などにも武器を使った技術や対策はありますが、素手の時とはちょっと違った動きをしないといけませんので、そのへんは大きな違いですね。

相手が武器を持っていた場合は自分と相手との間合い(自分、または相手の攻撃が有効な距離)が大きく変わってきますので、カリの素手と同じ動きで武器を扱う・さばく技術というのは非常に興味深いですね。

また、相手からの武器による攻撃への対応も得意で、「ディスアーム」という相手の武器を奪う(または落とす)技術も発達しています。

んー、活字で読んでいてもいまいちピンとこないので動画を見てみましょう。

ブルース・リーが作った格闘技「ジークンドー」によく似ていますね。

かなり近い間合いで素早く何発も打撃を入れるとことか。

カリの方がジークンドーより、投げや関節技にいく動きがとても洗練されている印象です。

続いてカリにおける武器の扱い方です。

正直、武器を使った技術の方はよくわからないです。笑

最近は、日本もかなりぶっそうな世の中になってきましたので、女性やお子さんの護身術に習うというのはいいかもしれませんね。

カリの格闘術があれば、相手が素人なら女性やお子さんでも十分に反撃して逃げるためのスキを作るぐらいは簡単にできそうです。

それぐらい、カリは洗練された格闘術だと思います。

Sponsored Links

「シラット」はどんな格闘技?

続いてシラットをご紹介致します。

シラットは東南アジアで行われている伝統的な武術で、現在はマレーシア、インドネシア、シンガポール、ブルネイ、ベトナムで盛んに行われています。

インドネシア語ではプンチャック(Pencak)といいます。

シラットは、拳法、武器術を含む武術で、型や組手を通じて稽古を行います。

インドネシアでは地域によってなんと500以上の流派があるそうで、技術的にもかなりの違いがあるといいます。

また、カリの項であげたブルース・リーが作った格闘技「ジークンドー」にもシラットの格闘術は取り入れられていて、あの有名なダン・イノサント氏もシラットを学んでいました。

シラットは口伝で継承されてきたこともあり、詳しい起源はわかっていませんが、6世紀にはその存在が確認されています。

それではシラットの動画を見てみましょう。

こちらの動画は、オーストラリアのルークホロウェイ氏がシラットを元に編み出した格闘術「ローコンバット(Raw combat)」です。

シラットの動画は無数にあって、さらにカリとごちゃまぜになっていてわかりにくかったので、この動画を紹介させていただきました。

カリシラットは、同じ東南アジア発祥の格闘術ということで、かなり似てますね。

正直、僕には違いがよくわかりません。笑

しかし、ボクシングや総合格闘技などの近代格闘技とは明らかに違っていて、最小限の動きで相手に最大限のダメージを与えるというのが肝なのかなと個人的には感じました。

スポーツライクな格闘技ではなく、より実戦向きの格闘術と言えると思います。

そんな使い方を間違えると危険とも言えるカリ・シラットですが、日本にも道場や習えるところはあるのでしょうか?

日本に道場はある?

インターネットで「カリ 道場」や「シラット 道場」で検索するとたくさんでてきました!

なかなかレアな格闘術だと思っていましたが、もうすでにたくさんの道場があったんですね。

後、「カリ 道場」などで検索すると、ジークンドーの道場も一緒に引っかかってきます。

ジークンドーのダン・イノサント氏が学んでいたということもあり、カリ・シラットの技術はジークンドーにも多く取り入れられているのかもしれませんね!

正直、格闘技一家で育った僕からみても、カリ、シラット、ジークンドーの大きな違いはわかりませんでした。

興味がある方は、検索してみてこの3つのうち一番近くの道場に一度見学に行ってみてはいかがでしょうか。

以上、ドラマ『CRISIS』の格闘術、カリ・シラットについてでした。

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする