エメラルドハンター川添微(ほのか)が情熱大陸に!年齢や結婚、子供は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月14日(日)23時00分~放送の『情熱大陸』にエメラルドハンターの川添微(ほのか)さんが出演されます。

エメラルドハンターって初めて聞きましたね!

たぶん聞いたことがある人の方が稀だと言ってもいいほど特殊な職業だと思います。

なんとなく、エメラルドハンターだからエメラルドを見つけるお仕事なのかな〜ぐらいは想像できますが。笑

ということで、今回はそのエメラルドハンターがどういうお仕事なのかということと、そんな特殊なお仕事をしている川添微(ほのか)さんのwikiプロフィールから年齢、結婚、子供などに関する情報をまとめていきます。

まずはwikiプロフィールからご覧ください。

Sponsored Links

エメラルドハンター・川添微(ほのか)さんのwikiプロフィール

川添微 エメラルドハンター

名前:川添 微(かわぞえ ほのか)
生年月日:1972年
出身地:兵庫県生まれ香川県育ち
特技:乗馬
学歴:日本獣医畜産大学中退

幼少期から馬好きだった川添微さんの将来の夢は馬の獣医だったそうです。

しかし、そんな想いをもって日本獣医畜産大学に入学するも、いろいろなことを学んでいく中で自分の中で獣医はちょっと違うな〜という感情が芽生えていきます。

そこで当初は1年くらい休学するつもりでお母様に相談したところ…

「中退しろというんです。本当に必要だと思ったらもう一度受験してやり直せ」

だそうです。

とても厳しいお母様だったんですね!

そんなお母様の人生哲学が素敵だったんでご紹介させていただきます。

『後ろのドアをきちんとしめて、一旦、部屋を真っ暗にしなければ、次の小さな明かりは見えてこない』

素晴らしい言葉ですね!

普通、人は歳をとっていくと思考が保守的になり、自分の子供にはより安全な道や人生の保険をかけるような道を進めがちですが、このお母様は全く違いますね。

Sponsored Links

その後、お母様の教え通り大学を中退し日本を離れ、タイ、マレーシア、インドネシア、オーストラリアなどを転々とされます。

ここで川添微さんは商才を発揮し、当時、日本ではエスニックビジネスが流行していたに目をつけ、各地で雑貨や小物などを仕入れては日本へ送り生計を立てていきました。

インドネシアのバリ島では、オニキス・ラピスラズリ・水晶の加工を学び、オーストラリアではオパールの採掘・研磨に携わり、その2年後、知人に紹介されたエメラルド原石輸入会社に就職。

そこで4年間、女性では珍しいエメラルドのバイヤーとして、南米・コロンビアでエメラルドの採掘・研磨・加工に携わることとなります。

そこでどんどん宝石の魅力に惹かれていった川添微さんは、7年後ジュエリーデザイナーとして独立するために、世界的な宝石の学育期間である「GIA(Gemological Insのtitute of America)」のニューヨーク校で学び、宝石鑑定士の資格を取得しニューヨークを拠点に制作を始めます。

すごい行動力ですね!

やはり、何かで成功する人の要素として行動力は不可欠です。

そして2004年に、自然の中にいることにエネルギーを感じバリ島のウブド郊外に、一面水田の夕日が美しい土地にアトリエを構え、現在に至ります。

2017年現在では、日本でも川添微さんがデザインしたエメラルドアクセサリーのアートギャラリィを開催さるほどになりました。

エメラルドハンター・川添微(ほのか)さんの年齢

ちょっとwikiプロフィールが長くなってしまいましたが、川添微さんの年齢についてです。

川添微さんの年齢は、生年月日が1972年生まれですので、2017年現在は45〜46歳ということになります。

とても46歳には見えませんね!

やはり何かに向かっていつも行動している人は内側から輝いているんですね!

エメラルドハンター・川添微(ほのか)さんの結婚や子供は?

最後に、川添微さんの結婚や子供についてです。

川添微さんは現在、旦那さんと2人の子供さんがいるそうです。

一般の方ですし海外を中心に活動されている方ですから、これ以上の情報はありませんでした。

バイタリティ溢れ、素敵な哲学を持ったお母様に育てられた川添微さんですから、きっと2人のお子さんにもそれを伝え、明るく楽しい家庭を築いていることと思います。

川添微さんのご家族についても、今回の『情熱大陸』で取り上げられるといいですね!

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする