元宝塚の美雪花代の現在は社長!?年収や夫、本名が気になる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月7日(金)19時00分~放送の『爆報!THEフライデー』に、宝塚の元娘役トップスターの美雪花代さんが出演されます。

美雪花代さんは現在、なんと社長に転身していて、今回の放送で会社の存続をかけ一発逆転!のとんでもない大勝負に出るとのこと。

ここまで大袈裟に言われるとかなり気になってしまいますね!

そこで今回は、美雪花代さんのプロフィールや本名、夫、社長ということですので、その年収について見ていきましょう。

まずはプロフィールから。

Sponsored Links

美雪花代さんのプロフィール

美雪花代

名前:美雪花代(みゆき はなよ)
本名:小川美由紀(おがわ みゆき)
愛称:「みゆき」「きゅみ」
生年月日:1960年2月3日
年齢:57歳(2017年現在)
出身:兵庫県
身長:160cm
趣味:ゴルフ
特技:日本舞踊・琴・ピアノ
参照:Wikipedia

1975年に宝塚音楽学校に入学した美雪花代さん。

1977年、63期生として宝塚歌劇団に入団し、同期にはあづみれいかさん、旺なつきさん、梓のぼるさんなどがいます。

1979年7月、新人公演・バウホール公演ともにヒロイン経験がないまま、松あきらさんの相手役として入団3年目でトップ娘役に抜擢。

1981年5月の「春の宝塚踊り/ファースト・ラブ」宝塚大劇場公演を最後に、惜しまれながら宝塚歌劇団を退団します。

1981年というと、美雪花代さんはまだ21歳。

トップ娘役にまで昇りつめながらなぜこんなに若くして退団してしまったのでしょう。

その理由は、「人間関係に疲れてしまったから」と美雪さんご本人が語っています。

やはり、宝塚という特殊で厳しい世界には、一般市民には想像もできないなにかがあるんでしょうね。

宝塚退団後は「いわさきみゆき」「志摩(しま)みゆき」「青山(あおやま)みゆき」などの名前で活動していましたが、その後は宝塚時代の芸名である「美雪花代」に戻しています。

CMをはじめ、多くのドラマや舞台で活躍されていて、最近ではバラエティ番組にもたびたび出演されています。

Sponsored Links

現在は社長になっていた!

そんな美雪花代さんですが、2009年に北海道日高にある三城牧場のオーナー、小川義勝社長とご結婚されます。

この小川社長は、なんと50頭の馬を保有する大馬主。

美雪花代さんは、49歳にして見事に玉の輿に乗ったわけですね。

三城牧場の敷地はなんと東京ドームおよそ7個分。

ご自宅は100坪あり、玄関は20畳、30畳もあるリビングにはイタリア製の家具がずらりと並んでいます。

まさに絵に描いたような豪邸ですね!

しかし小川社長は、残念ながら2015年にすい臓がんで亡くなられています。

亡くなられた時の美雪さんのショックはかなり大きかったでしょうね。

大切な人と過ごす6年間なんて本当にあっという間ですから。

およそ6年という短い結婚生活でしたが、現在は美雪花代さんがしっかりと小川社長の跡を継ぎ三城牧場を経営されています。

美雪さんが社長になっていたという真相はこういうことだったんですね!

元宝塚ということで経営なんかはもちろんド素人だと思うので、これから大変なことがたくさんあると思いますが、頑張って欲しいですね!

美雪花代さんの年収

さて最後に気になるのは社長ということで、やはり年収ですよね。

美雪花代さんの年収については、以前、放送されていました。

その額は800万円

ん?あれ??

なんかケタが1ケタ足りないんじゃない?

と思ったのは、たぶん僕だけじゃないはず。

東京ドーム7コ分の敷地で50頭もの馬を飼育していて、800万円はかなり少なく感じてしまいます。

普通のサラリーマンよりは確かに多いですが、一流企業だとこれくらい稼げます。

まあ女性1人ならちょっと贅沢しても十分に生活していける金額ではありますが、牧場経営って景気良さそうなイメージありますが、意外と大変なんですね。

そんな苦労についても、今回の『爆報!THEフライデー』で語ってくれるかもしないので楽しみです!

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする