【西武園ゆうえんち火災】出火原因は放火?営業再開日やケガ人、被害状況は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西武園ゆうえんち 火災

5月12日11時頃、埼玉県所沢市山口にある「西武園ゆうえんち」のジェットコースター付近から激しく出火するという火災がありました。

西武園ゆうえんち」といえば、2012年に起きたジェットコースターの走行中に女性客の安全バーのロックが解除されるという事故が起きましたね。

これは本当に怖いですよね!

ジェットコースターがグルグル回っている時にバーのロックが外れたらと思うとゾッとします。

今回は火災ということですが、2012年の事故が起きたジェットコースターと同じなんでしょうか。

西武園ゆうえんち火災】の出火原因やケガ人、被害状況、営業再開などについて今わかっている情報をまとめていきます。

Sponsored Links

【西武園ゆうえんち火災】の出火原因

西武園ゆうえんち火災】が起きたのは入り口近くにある、飲食店や土産物店などが並ぶ「アーケード大通り」という場所。

埼玉西部消防組合が消防車12台で消火に当たり約2時間後に鎮火しましたが、今のとこと詳しい出火原因はわかっていませんので放火の可能性の十分にありますね。

西武園ゆうえんち」は以前にもこの「アーケードお通り」で火災事故を起こしていますが、この時の出火原因は老朽化した電気プラブのショートが原因でした。

今回の【西武園ゆうえんち火災】の出火原因が放火なのか何なのかということはまだわかっていませんので、わかり次第追記していきます。

続いて【西武園ゆうえんち火災】のケガ人や被害状況についてです。

【西武園ゆうえんち火災】のケガ人や被害状況

まず【西武園ゆうえんち火災】のケガ人についてですが、営業時間外に起こった火災だったこともありケガ人はいません。

本当によかったですね!

この【西武園ゆうえんち火災】が昼間、家族連れの子供達で賑わう営業時間内に起きていたらと思うと、もっと大惨事になっていたでしょうね。

考えただけでも怖いです。

Sponsored Links

続いて被害状況についてですが、こちらについてもまだ詳細の発表はありませんが、入り口近くの子ども用の遊具や屋台が並んでいる「アーケード大通り」というエリア付近、およそ700平方メートルが全焼したとのことです。

高さ約6メートルの「アーケード大通り」にある約10店舗のうち、韓国料理店、クレープ店など3店舗が全焼し、アーケードの屋根も半分ほど焼け落ちました。

また、アトラクション4種類の乗り物や運転台も焼けたとのことです。

火災の目撃者は

「辺り一面、火の海ですよね。普通の火事ではない、ただ事じゃないなって。西武園の中の、よくイルミネーションをやっている、たぶんそこの通り。とにかく(煙が)どす黒かった」

引用:Yahoo!ニュース

とインタビューに答えていることからも、ちょっとしたボヤ騒ぎ程度の火災ではなかったことがわかりますね。

こんな大きな火災が営業時間内に起きなくて本当によかったですね!

2012年のジェットコースター、2014年の火災に続き、またしても火災事故と起こしてしまった「西武園ゆうえんち」ですが、営業再会はいつになるのでしょうか。

【西武園ゆうえんち火災】営業再開はいつ?

現在は、当たり前ですが臨時休業を発表した「西武園ゆうえんち」ですが、営業再開のめどは今のところたっていません。

ここまで、大きな火災を起こしてしまうと被害部分の修復にも時間がかかるでしょうし、何よりも、大きな事故と立て続けに起こしてしまっていることから、西武園ゆうえんちは呪われているのでは!?という噂も立ってしまっています。

そりゃそうですよね。

絶対に安全でなかればならないはずの遊園地という施設で、これだけ立て続けに事故を起こしてしまうというとは、あってはならない話です。

火災で被害にあった施設は復旧でき無事に営業再開できたとしても、一度失った安全に対する信用というのはなかなか戻ってきません。

今後「西武園ゆうえんち」がどのようにして、顧客の信用を取り戻していくのか見ものですね!


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする