【赤報隊事件】は自作自演だった!?犯人の正体と真実に迫る!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1987年から1990年にかけて「赤報隊」を名乗る人物は起こしたテロ事件「赤報隊事件」。

この「赤報隊事件」は未だに真相が解明されていない所謂未解決事件で、犯人の正体や事件の真相は謎のままとなっています。

警視庁では広域重要指定番号から「広域重要指定116号事件」とも呼ばれていて、2003年にすべての事件が公訴時効を迎えました。

今回の記事ではその「赤報隊事件」の犯人の正体と真実、自作自演だったのではないかという噂について検証していきたいと思います。

それではさっそく「赤報隊事件」の全体像を見ていきましょう。

Sponsored Links

【赤報隊事件】とは

赤報隊事件 自作自演 犯人 真実

赤報隊事件」とは、1987年から1990年にかけて起きた以下の事件のことを言います。

  • 朝日新聞東京本社銃撃事件
  • 朝日新聞阪神支局襲撃事件
  • 朝日新聞名古屋本社社員寮襲撃事件
  • 朝日新聞静岡支局爆破未遂事件
  • 中曽根康弘・竹下登両元首相脅迫事件
  • 江副浩正リクルート会長宅銃撃事件
  • 愛知韓国人会館放火事件

特に注目を集めた事件が「朝日新聞阪神支局襲撃事件」で、執務中だった記者2人が被害者となったことで、言論弾圧事件として大きな注目を集めました。

そもそも「赤報隊」って何?

明治維新期に結成された草莽(そうもう)隊のひとつです。

関東・東北の脱藩士や豪農商を隊員として相楽総三らによって組織され、年貢半減を掲げ活動しましたが、のちに偽官軍として処断されました。

ようするに正義を掲げて活動した組織ということですね。

赤報隊事件」の犯人がこれを名乗ったのも、そういうことなのでしょう。

【赤報隊事件】の犯人の正体

「赤報隊事件」の犯人の正体については、未解決事件ですのでもちろん特定されているわけではありませんが、いくつか有力な説がありますのでそれらを検証していきます。

潜在右翼説

政治活動家の鈴木邦男氏が唱えた説で、鈴木氏は赤報隊を「絶望的な気持ちを持っていた「潜在右翼」と推理しました。

「潜在右翼」とは、三島思想を受け継ぐ新右翼運動の流れの中にいる人物という意味で警察で使われていた言葉です。

鈴木氏はジャーナリストの大谷昭宏氏の「赤報隊は目的を達したのか」という質問に対し

「達したから止めたんでしょう。思想的に世の中を変えたと思っているじゃないですか。15年前は憲法改正と言っただけで、みんな反動だと叩かれた。今は誰でも言っている」

と答えていることから、この「潜在右翼説」に確信を持っているようでした。

Sponsored Links

元自衛官説

この「元自衛官説」は、2001年11月半ばに朝日新聞大阪本社の取材班に

「実行犯は右翼思想を持つ元自衛官。事件当時30歳ぐらい。その後関西の寺の住職になったが、数年前に死んだ」

という内容の電話があったことで浮上した説です。

その後、取材班がその元自衛官を追跡し、

  • 1980年代初めに海外に拠点のある宗教団体に在籍していた
  • 除隊後右翼団体に入り散弾銃を所持していた
  • 「右翼は非公然組織を持ち、武器の扱いに精通すべきだ」と話していた
  • 1988年右翼団体をやめ、関西の寺に入り、一酸化炭素中毒死したこと

が判明しています。

東京在住インテリ系右翼説

この「東京在住インテリ系右翼説」は、犯人が

  • 右翼的表現を使用し手慣れた文章で犯行声明を書く
  • 東京都を省略したり「都内」と送付先を書き出す
  • 「関西」「中京方面」と表現し東京新聞を標的にした

これらの事実から「東京を拠点に全国規模で活動する中高年のインテリ系右翼」と、捜査当局は犯人像を描きました。

【赤報隊事件】の真実

赤報隊事件」の真実については、捜査当局は朝日新聞の言論・報道が狙われたと断定しています。

事件の経緯を振り返ると、犯人は極めて”右翼的”な動機を持って犯行におよんだことがよくわかります。

ジャーナリストの原寿雄氏は「赤報隊事件」に対し

  • 中曽根首相の靖国神社公式参拝
  • 国家秘密法推進、
  • 「皇国史観や国家主義に基づく歴史教科書」に朝日新聞が強く反対したこと
  • 「中曽根批判の先導的役割を果たした」こと

との事件の関連性が大きいとしています。

また新聞記者でジャーナリスト牧太郎氏も

中国・韓国の批判による中曽根の靖国参拝中止と教科書の修正が「赤報隊事件」の動機であるとの見方を示しました。

また、評論家の堀幸雄氏は「赤報隊事件」の犯人が復古主義を志向していることを示唆しています。

結局「赤報隊事件」の犯人の動機は、右傾化する政治動向と密接不可分で、「戦争と侵略体制を否定する一切の言論と思想」の弱体化と、戦争体制づくりへの抵抗を崩壊させる意図があり、権力の方針を補おうとする政治的役割を果たすという動機を持って犯行に及んだというのが、当時の捜査当局の結論です。

自作自演の可能性

未解決のまま2003年に時効を迎えてしまった「赤報隊事件」ですが、2ちゃんねるやTwitterなどのSNSなどでは朝日新聞の自作自演だったのではないかという説がささやかれています。

2ちゃんねるでの反応

7 : 2017/05/03(水)15:32:45.39 ID: BUqz/Q/s0.net

一方的に言論を発信出来てた時代には発信出来るのは充分凶器に値する

9 : 2017/05/03(水)15:33:04.54 ID: WOVOZeFQ0.net

あの時期から朝日は親韓になった。何があったのかね?

12 : 2017/05/03(水)15:33:57.44 ID: oI0osdjg0.net

まあネットがなかった時代やしな

14 : 2017/05/03(水)15:34:50.55 ID: l2IqIH1Z0.net

赤報隊って何?
しばき隊みたいなもん?

20 : 2017/05/03(水)15:38:12.87 ID: zxUAnLwP0.net

赤報隊が実は虚構で、単なる内ゲバだったのかもしれない。
それに一度きりだったので隣のビルと間違えたのかもしれない。

21 : 2017/05/03(水)15:38:43.19 ID: hgyGo0Gp0.net

自業自得ですね

27 : 2017/05/03(水)15:49:35.89 ID: s38GXyCw0.net

当時は俺も何も知らない若造だったから犯人ひどいと思ったけど
朝日新聞のやったコト知った今では、これもヤラセなんじゃないのかと疑うね

28 : 2017/05/03(水)15:49:48.97 ID: Fi6lP5M50.net

ペンは剣よりも強し
ということはペンは暴力以上のテロができるわけだよな

37 : 2017/05/03(水)15:57:46.55 ID: qhlRCIZf0.net

自作自演だし犯人は見つからんよ

40 : 2017/05/03(水)16:02:23.85 ID: +igXOO430.net

時折新聞社に届くカミソリとか銃弾とか火炎瓶の発展系だろ
48 : 2017/05/03(水)16:19:58.32 ID: 1kdLhqcJ0.net
まだ捕まって無かったのかよ
わざと逃がして高飛びさせて歴史上の事件に仕立てあげたかったか
猟銃持ってる奴なんて目立つだろうに

55 : 2017/05/03(水)17:48:36.58 ID: p3PwNwta0.net

赤報隊は生ぬるい
朝日のやってきたことを考えたら
ビルごと吹き飛ばされても不思議じゃない

60 : 2017/05/03(水)17:55:26.80 ID: s38GXyCw0.net

ああ、若い記者が自社の捏造報道に物申して消された可能性もあるのか
恐ろしいな

61 : 2017/05/03(水)17:56:26.61 ID: vftVfCxY0.net

自作自演の可能性も否定出来ないだろ

98 : 2017/05/03(水)19:32:22.84 ID: DBXT6Ftu0.net

テロリストを支持しないけど
何十年も騒ぐ話題でも無い

124 : 2017/05/03(水)21:02:41.25 ID: zoGIpj/p0.net

そうか今年で30周年か
引用:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493792961/

Twitterでの反応

まとめ

以上が、未解決事件「赤報隊事件」の犯人の正体と真実、自作自演だったのではないかという噂について検証でしたがいかがでしたか。

時効になってしまったとはいえ、このような凶悪な事件を風化させないことは大切なことです。

これからも当サイトではこの「赤報隊事件」について追っていきます。

何か新しい情報が入りましたらまた追記したいと思います!

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする