清水敏男(いわき市長選挙2017)のプロフィールと経歴!評判や公約は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよいわき市長選挙2017の投開票日が迫ってきました。

いわき市長選挙2017は9月3日に告示されて以降、現職である清水敏男氏と前いわき市長である渡辺敬夫氏による激しい選挙戦が行われています。

渡辺敬夫氏の記事はコチラ↓
渡辺敬夫(いわき市長選挙)の公約や評判は?プロフィールや経歴も!

現職の清水敏男氏が若干有利かなという調査結果もありますが、今回の記事では、その清水敏男氏のプロフィールと経歴や公約、評判などについてご紹介していきます。

関連記事

【結果速報】いわき市長選挙2017の立候補者、当選者、開票日時、投票率まとめ

渡辺敬夫(いわき市長選挙)の公約や評判は?プロフィールや経歴も!

Sponsored Links

清水敏男氏のプロフィールと経歴

プロフィール

いわき市長選挙2017 清水敏男 プロフィール 経歴 公約 評判

名前:清水敏男(しみずとしお)
生年月日:昭和38年8月24日
年齢:54歳

経歴

清水敏男氏はいわき市立湯本第一小学校、いわき市立湯本第一中学校を卒業。

中学校時代には生徒会長もされていたということですので、その頃からリーダーとしての片鱗を見せていたんですね。

高校は福島県立磐城高等学校を卒業。

この福島県立磐城高等学校は、今でこそ偏差値64程度と進学校としてはそこそこの位置づけですが、清水敏男氏が入学された頃は超エリート校だったといいます。

東大合格者を何十人も出した年もあったり、磐城高等学校にどうしても入学したいがために、わざわざ中学で浪人してまで目指す人もたくさんいたそうです。

この中学浪人は、当時ではちょっとした問題になっていました。

今の磐城高校の現状からはちょっと考えられない状況ですね。

清水敏男氏はそんな超エリートをご卒業されているということですから、かなり頭のいい方だということがわかりますが、高校在学時は野球部に所属し、勉強だけでなくスポーツにも熱心に取り組んでいました。

大学は、日本大学法学部を卒業。

在学時は「雄弁会」に所属していたということですので、当時から政治家を目指していたんでしょうね。

大学卒業後は、衆議院議員・鴻池祥肇氏の秘書を努めます。

そして1992年、いわき市議会議員選挙に出馬し初当選し、市議を2期務めました。

その後の経歴は以下の通りです。

平成6年:全国若手市議会議員の会 初代会長
平成11年:福島県議会議員(四期)
(元 福祉公安常任委員会委員長)
(元 子育て支援対策特別委員会委員長)
(元 議員提出条例案検討会会長)
平成23年:自民党福島県連総務会長
平成25年:いわき市長選出馬のため県議会議員辞職
平成25年:いわき市長当選

Sponsored Links

1992年にいわき市議に当選したということですから、約25年間もの間、いわき市の市政を引っ張ってきたんですね。

今回のいわき市長選挙2017は、清水氏の任期満了に伴う選挙となりますが、二期目となる今回の選挙はどのような公約をかかげているのでしょうか。

清水敏男氏の公約

今回のいわき市長選挙2017における清水敏男氏の公約は

http://shimizu-toshio.com/vision/index.html

に詳しく書かれています。

全部書くと長いので要約すると、震災からの復興をより加速させ市民の衣食住を改善し「政令指定都市」を目指すということですね。

原発事故においては、いわき市はそう大きな被害は受けなかったものの、被災地の市長としてどのような政策に取り組んでいくかは、世界中から注目されています。

清水敏男氏の評判

いわき市長選挙2017における清水敏男氏の評判についてです。

今回の選挙戦は、清水敏男氏と前市長である渡辺敬夫氏の間でネガティブキャンペーンが激化しているようですね。

今のところの選挙情勢は、清水敏男氏が先行し前市長の渡辺氏が僅差で追っているといった状況です。

まだまだ今後の情勢はどうなるかわかりませんので目が離せません!

関連記事

【結果速報】いわき市長選挙2017の立候補者、当選者、開票日時、投票率まとめ

渡辺敬夫(いわき市長選挙)の公約や評判は?プロフィールや経歴も!

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする