最強スポーツ男子頂上決戦2017春の競技種目を徹底分析!優勝者は誰!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月11日(水)19:00から、『最強スポーツ男子頂上決戦2017春』が放送されます。

美しくたくましい肉体美を誇る16名の男子がNo.1の座をかけて新たな筋肉伝説を作り上げます。

今回は前々回優勝者の関口メンディーさんが出場していないのが残念ですが、今回の『最強スポーツ男子頂上決戦2017春』はそれを補って余りある筋肉自慢のイケメン達が熱い戦いを見せてくれます!

今回の記事では、その『最強スポーツ男子頂上決戦2017春』の競技種目にスポットを当ててご紹介していきます。

Sponsored Links

最強スポーツ男子頂上決戦2017春の競技種目

それではさっそく『最強スポーツ男子頂上決戦2017春』の競技種目をご紹介していきます。

ハードジャンパー

「ハードジャンパー」の画像検索結果

第4回大会から登場した16名全員が参加の種目です。

スタミナ系の種目で、回転するホイールに取り付けられた4枚の地上40cmのハードルを1秒に一回跳び続けます。

4人1組で予選を行い、各組でより長く跳び続けた勝者4人で決勝を行います。

精神力と持久力が試されるスポダン史上最もメンタルが試される種目。

勝負の鍵を握るのは腸腰筋と精神力!

モンスターボックス

「モンスターボックス」の画像検索結果

筋肉番付やスポーツマンNO.1決定戦など数々の番組でも登場したことがあるご存知モンスターボックス。

予選通過者だけが16段から試技を行い、シンプルに1番高い段数を跳んだ者が勝者となります。

この種目はやはり跳躍力の要である腓腹筋が勝負。

【世界記録23段(3m6cm)】↓

池谷直樹、水鳥寿思、ヨーホンチュル、モーガンハム、平野泰新

Sponsored Links

アルティメットホイール

「アルティメットホイール スポダン」の画像検索結果

こちらは新競技「アルティメットホイール」です。

強大な車輪にうんていのようにぶら下がり、自力で回転させその数を競う競技で、この競技もハードジャンパーとおなじぐらいメンタルが試される競技となりそうですね!

パワーウォール

「パワーウォール スポダン」の画像検索結果

パワーだけで壁を押し込んで相手の陣地を奪うというシンプルなスポダンの名物種目。

制限時間は90秒で決勝戦は無制限で、センターから2.7m先のラインまで押し込めば勝利となり、この種目終了後、最終種目へ上位3名が進出できます。

大胸筋はもちろん、下半身全体の筋肉と体重差がものを言う種目です。

ショットガンタッチ

「ショットガンタッチ スポダン」の画像検索結果

こちらもスポ男おなじみの最終種目で、この競技で総合優勝者が決定します!

10mの高さから落ちてくるボールを、どれだけ離れたところからタッチできるかを競う種目。

成功すれば逆転ですが、合計で2回失敗したら終了の瞬発力、判断力、スピードが求められるサバイバルゲーム。

以上が『最強スポーツ男子頂上決戦2017春』の競技種目となります。

今回の勝負の鍵となるのはやはり新種目の「パワーウォール」でしょう。

続いて『最強スポーツ男子頂上決戦2017春』の出場者一覧をご紹介いたします。

最強スポーツ男子頂上決戦2017春の出場選手一覧

「最強スポーツ男子頂上決戦2017春」の画像検索結果

  • オードリー・春日
  • 元キマグレン・クレイ勇輝
  • 森歩
  • ブリリアン・徳田浩至
  • 伊万里有
  • 大貫勇輔
  • 保田賢也
  • Da-iCE・大野雄大
  • 真田ナオキ
  • BOYS AND MEN・辻本達規
  • 藤田富
  • 大倉士門
  • 梶原颯
  • 野村祐希
  • MAG!C☆PRINCE・平野泰新
  • 九州BOYS・大池瑞樹

以上が『最強スポーツ男子頂上決戦2017春』の出演者となります。

初見としては、この『最強スポーツ男子頂上決戦2017春』は持久系、瞬発系、スピード系の競技が少しだけ多いので、その分、体重が重い選手は不利なのかなと思いました。

オードリー春日さん、保田賢也さん、ブリリアン徳田さんあたりにはちょっと厳しい戦いになるのかなという印象です。

最強スポーツ男子頂上決戦2017春』の優勝者

最強スポーツ男子頂上決戦2017春』の総合結果は

  • 1位:野村祐希
  • 2位:平野泰新
  • 3位:森渉

ということで、総合優勝は野村祐希さんでした。

おめでとうございます!

今回もかなりハイレベルで熱い戦いでしたが、優勝した野村祐希さんは全体的にバランスが取れていて、さらにスピード、持久力という部分では圧倒的でさすが鉄人の息子といった感じでしたね。

惜しくも優勝を逃した森渉さんの悔し涙と、次は絶対優勝するといったコメントも泣けてきました。

次回の『スポ男』が待ち遠しいですね!

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする