春風亭小朝の性格は異常!?桂三木助との関係や泰葉との離婚の真相!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

泰葉さんの衝撃的な告発が世の中を騒がせていますね!

泰葉さんといえば、春風亭小朝さんとのドロドロの離婚劇が繰り広げられたことは記憶に新しいですが、その件でかなり変わった人だという印象です。

そういう印象も合って泰葉さんの告発を全て信用しているわけではありませんが、検証する価値はあると思い記事にすることにしました。

今回は春風亭小朝さんの性格や桂三木助さんとの関係、泰葉さんとの離婚の真相などについて書いていきたいと思います。

まずは春風亭小朝さんのプロフィールからご覧ください。

Sponsored Links

春風亭小朝さんのプロフィール

春風亭小朝 泰葉 三木助

名前:春風亭小朝(しゅんぷうてい・こあさ)
本名:花岡宏之(はなおかひろゆき)
生年月日:1955年3月6日
年齢:62歳
出身地:東京都北区
父親:花岡太郎(作家)
師匠:5代目春風亭柳朝
学歴: 東京電機大学高等学校卒業
所属: 落語協会(元理事)
引用:Wikipedia

泰葉さんとの離婚の真相

泰葉さんは、1980年代のはじめにシンガソングライターとしてデビューしました。

デビュー以降は、シンガーソングライター意外にも歌手やタレントとして幅広く活動。

そして春風亭小朝さんと結婚したのが1988年。

そんな2人に新婚早々こんな噂がたちます。

小朝が泰葉と結婚したのは、大名跡で空席であった9代目林家正蔵を狙っているからだ

というものです。

今となってはこの噂が本当かどうかなんて小朝さん以外知りようがありませんが、小朝さんはとても頭がよく計算高い印象なので、もしかしたら頭の片隅ぐらいにはあったのかもしれません。

そんな新婚早々あらぬ噂をたてられた2人はまるでそれが予言だったかのように、結婚20年後の2007年に離婚してしまいます。

Sponsored Links

離婚の理由は、泰葉さんをいつも子供扱いする春風亭小朝さんに対して、泰葉さんはずっと気持ちを溜めこんでいて、それが原因で精神不安定になったためというのが真相のようですが、離婚の泰葉さん発信のドタバタ劇はすごかったですね!

小朝さんと泰葉さんが揃って開いた離婚会見の時点で、泰葉さんの支離滅裂なコメントに周囲はざわついていました。

離婚後も泰葉さんの迷走は止まりません。

手始めに、春風亭小朝さんに対して「金髪豚野郎」と罵倒した脅迫メールを数百通も送りつけました。

何十通ならまだわかりますが、何百通ですよ?

ちょっと普通の精神状態だったとは考えにくいですね。

それから間もなく、マネジメント会社との訴訟沙汰騒動。

そして挙げ句の果てには、なぜかハッスル・マニアに、プロレスラーとして参戦し、そのまま精神不安定でうつ病になり約2年間引きこもってしまいました。

約2年後、うつ病を克服し最近はおとなしくしているな〜とみんなが思っていた矢先、坂口杏里さんの事件にコメントしたことをきっかけに、今回の小朝さんと桂三木助さんに関する告発までしてしまったというわけです。

坂口杏里さんについてはこちら↓
坂口杏里の金欠の理由はホスト狂い?借金?恐喝したホストや店の名前は?

泰葉さんって本当に忙しい人ですね。

離婚時の言動や、精神不安定でうつ病になっていたことなどを考えると、今回の小朝さんと三木助さんに関する告発も、正直、信ぴょう性は薄いかなと思います。

ということで、その衝撃告発の張本人である春風亭小朝さんの桂三木助さんとの関係を調べてみました。

春風亭小朝さんと桂三木助さんの関係

春風亭小朝さんと桂三木助さんの関係は、三木助さんの方が後輩ではありますが、同時に大親友でもあったといいます。

小朝さんによると、三木助さんは前々から弱気なところがあり、小朝さんも何度か「あれ?」と思うようなことを言われたりしているそうです。

ある日、オランダのホテルで

  • 「そんなに長く生きられないと思う」と言われた。
  • 「父親も早死にだったので、父親を超えられればそれでいい」
  • 「もし亡くなったら、葬儀委員長やってくれますか」

と言われ、葬儀に呼んで欲しい人、呼んで欲しくない人を具体的に挙げはじめたそうです。

親友にこんなこと言われたらかなり怖いですよね。

93年に重度の胃潰瘍のため、胃の4分の3を摘出するという大手術を受けて以降は不幸続きだった三木助さん。

病気と手術で体力が衰え風邪をこじらせ、肺炎に襲われたり滑舌も悪くなって「高座でタンカが切れない」と悩んでいたともいいます。

さらに、2000年には友人に騙され商工ローンの保証人になってしまい、1000万円以上の負債を抱えて頭を抱えていました。

この頃から三木助さんは酒と睡眠薬に頼らないと眠れなくなっていて、毎晩、ビールを3リットルほどがぶ飲みした上に、睡眠薬を飲んでやっと眠れるという状態。

体調もさらに悪化し2000年9月には腸閉塞で手術を受け、そのことでさらに精神状態も悪化してしまい、2001年に残念ながらこの世を去ってしまいました。

まとめ

今回は、春風亭小朝さんの性格や桂三木助さんとの関係、泰葉さんとの離婚の真相などについて書きましたがいかがでしたか?

こうやって事実関係をあらためて見てみるいろいろと気づくこともあったと思います。

今の泰葉さんの勢いだと、まだまだこの騒動は続きそうですね。笑

全てがウソだとは言いませんが、弟の正蔵さんや三平さんのこともあるのに今のタイミングでの告発に何か意味があったんでしょうか?

どちらにしても、泰葉さんの動向から目が離せませんね!

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする