「夢男(This Man)」の顔が怖すぎる!元ネタや実在の噂は本当!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先程、放送された『世にも奇妙な物語』で「夢男(This Man)」が登場し話題になっています。

この「夢男」の内容は、中条あやみさん演じる主人公が、夢の中に出てくる男の顔をイラストソフトで再現しツイッターで「最近、毎晩夢にこの男が出てきます。助けてください。」と呟いたところ、夢に同じ男が出てきたという人が何人も表れて、やがて世界中がこの「夢男」のせいでパニックになっていくという内容です。

『世にも奇妙な物語』の放送中、僕は部屋で仕事をしていたのですが、番組を見ていた6歳の娘が「ギャー!パパ怖い〜!」と言って部屋に入ってきました。

そんなに怖いわけないだろと思いながら、娘をなだめその「夢男」を見に行くと、意外にもその顔が怖い怖い。笑

僕の中では『世にも奇妙な物語』シリーズ最恐の中の1つに入るぐらい「夢男」の顔は怖かったです。

今回はその恐怖を番組を見ていない方にも伝えたいと思い、「夢男」の顔や元ネタ、実在の噂などをご紹介していきます。

Sponsored Links

「夢男(This Man)」の顔が怖すぎる!

まずはいい大人の男の僕が見ても恐怖を感じた「夢男(This Man)」の顔がこちら。

どうですか?

いわゆるオバケ的な怖さはないですが、不気味な恐怖を感じませんか?

『世にも奇妙な物語』内では、この顔がより立体的に表現されていて、本当に不気味でした。

世にも奇妙な物語 夢男 This Man

娘はその後も、何回もこの顔を見て見るたびに泣き叫んでましたよ。笑

しかし、冷静に写真でみるとタレントの加藤諒さんに似ている感じもします。

今の時点では加藤さんがモデルなのかどうかは不明です。

Sponsored Links

「夢男(This Man)」の元ネタ

そんな『世にも奇妙な物語』シリーズ最恐の顔には実は元ネタがあります。

夢男の彼の名は「This Man」。

夢男(This Man)」が世界に知られるきっかけとなったのは2006年。

とあるニューヨークの精神科を訪れた女性が「逢ったことのない男が夢にしばしば現れる」という事で診察を受けました。

医師は女性の証言をもとにモンタージュを描きました。

後日、別の男性が病院を訪れ診察を受けた結果、女性の症状と似ていたので再びモンタージュを描いてみると、先日女性に描いたものとそっくりでした。

この結果に驚いた医師は、仲間の精神科医にモンタージュを送ると新たに4人の患者がこの男を夢の中で見たことがあると言ったといいます。

この現象を不思議に思った医師たちはウェブサイトを立ち上げて「夢男(This Man)」の目撃情報を集めました。

すると、「夢男(This Man)」を夢の中で見たことがあるという証言が2000人分も集まったのです。

その2000人の居住地はバラバラで、モスクワ、ロンドン、北京、バルセロナ、ストックホルム、ローマなど何の共通点もありませんでした。

その出来事から、世界中の人々の夢に現れる男=「夢男(This Man)」として世界中で知られることとなりました。

「夢男(This Man)」実在の噂

このように不特定多数の夢に現れる「夢男(This Man)」について、実は実在するのでは?という噂もあります。

他にも「夢男(This Man)」についてはいろいろな仮説があって

  1. 元型論:ユングの考える分析心理学に基づいて、ストレスを感じる状況下で多くの人が夢に見る元型ではないかという説
  2. 宗教論:宗教の観点に基づくと、もしかするとこれは創造主(神)なのではないかという説
  3. ドリーム・サーファー説:この「夢男(This Man)」は実在の人物で、超能力で他人の夢に入り込んでいるのではないかという説
  4. 夢のイミテーション説:「夢男(This Man)」の顔をサイトで見たことをきっかけに、この顔が頭から離れなくなり夢にまで見るようになったという説

どの仮説もまだ何も証明されていないようなのでなんとも言えませんが、個人的には4番目の夢のイミテーション説が一番現実的かなと思います。

今後、この「夢男(This Man)」の研究で何か進展があったらまた記事にしますね!

Sponsored Links


ニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする