【台風26号2018】米軍・ヨーロッパ・気象庁の最新進路予想!日本上陸はいつ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風26号 2018 最新進路予想 米軍 ヨーロッパ 気象庁

2018年10月22日の午前3時にマーシャル諸島近海で台風26号(2018)、呼び名「イートゥー」が発生しました。

今年(2018年)は、1~2週間に一度は台風が上陸するという感じで、しかも比較的勢力の強い台風ばかりで、余談を許さない状況が続いています。

みなさんも、油断して備えを怠らないよう注意してください!

当記事では、最新(執筆時点)の気象庁の進路予想図と、それよりも少し先まで予想している米軍(JTWC)とヨーロッパの最新進路予想を見ながら、日本への上陸の可能性や日程についてご紹介していきます。

Sponsored Links

【台風26号2018】米軍の最新進路予想

台風26号 2018 最新進路予想 米軍 ヨーロッパ 気象庁引用:米海軍台風予想(JTWC)

上の図が米軍(JTWC)が公開している台風26号(2018)最新進路予想です。

日本の右斜め下あたりにある赤丸の部分が台風26号(2018)になります。

気になる勢力や強さに関してですが、

  • 中心気圧:1002ヘクトパスカル
  • 最大風速:18m
  • 瞬間最大風速:25mm

とされています。

このデータによると、今のところ台風26号(2018)はそこまで強い勢力ではありませんが、ウェザーマップのよると25日(木)頃に強い勢力に発達するとのことです。

今回の台風も全く油断できませんね!

Sponsored Links

【台風26号2018】ヨーロッパの最新進路予想

台風26号 最新進路予想 2018 米軍 ヨーロッパ 気象庁

引用:https://www.ecmwf.int/

上の図がヨーロッパ中期予報センターの最新進路予想です。

こちらは米軍(JTWC)の最新進路予想よりさらにわかりづらいのですが、赤丸の部分が台風26号(2018)です。

こちらの最新進路予想では、台風26号(2018)は日本列島に近づいてはきますが、方向を変えて関東の東海上を通過するとの予報になっています。

今のところ、日本列島には上陸しないとの予報ですね。

”世界1の数値予報精度”と言われているヨーロッパ中期予報センターですが、台風はその性質上、いつ進路が変わるかわかりませんので油断はできません。

【台風26号2018】気象庁の最新進路予想

台風情報(全体)

上の図が日本の気象庁の最新進路予想です。

こちらも今のところ、北西方向に進み日本には上陸しないとの予想です。

しかし、今後の太平洋高気圧や偏西風などの兼ね合いによって台風26号(2018)の進路が変わる可能性も十分にあります。

日本上陸の日程や時間

前項の米軍(JTWC)・ヨーロッパ中期予報センター・気象庁の最新進路予想では今のところ、日本への上陸はありません。

しかし、先にも述べたように、太平洋高気圧や偏西風などの兼ね合いによって台風26号(2018)の進路が変わる可能性も十分にあります。

当サイトでも、随時、台風26号(2018)の動きを更新していきますが、みなさんも情報収集を怠らず最新の台風情報にご留意ください。

Sponsored Links


トレンドニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする