■YouTubeダウン■大規模障害で閲覧不能!?原因や理由・復旧について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」が、全世界で閲覧できなくなるという珍事が起こってしまいました。

パソコンでアクセスするとサーバーエラーが表示されたり、画面が真っ白だったり、スマホでも同じような状態でYouTubeが見れない状態がしばらく続いていました。

SNSのTwitterでは、全世界で「#YouTubeDOWN(ユーチューブがダウン)」が投稿されてトレンド入り。

このことから日本だけでなく世界中でYouTubeが閲覧不能という珍事が起こったということがわかります。

YouTubeの公式Twitterでも障害の発生を報告し、YouTubeだけでなく「ユーチューブTV」「ユーチューブ ミュージック」へのアクセスについても同じような障害が発生したとのことです。

ここまでの珍事はちょっと記憶になく、面白いなということで今回起こったこの【YouTubeダウン】という事象について詳しく調べてみました。

Sponsored Links

【YouTubeダウン】大規模障害のはいつ起こった?

YouTube ダウン 障害 見れない 理由 原因

【YouTubeダウン】が起こりYouTubeが閲覧不能になった時間帯は、日本時間で2018年10月17日(水)の午前10時頃。

ということはアメリカのワシントンで21時頃ということになりますね。

アメリカには9個のタイムゾーンがありますが、概ね夜の一番YouTubeの閲覧数が増える時間帯に障害が発生したことがわかります。

しかし、これまでYouTubeが世界規模で閲覧不能になるといった自体は起こったことがなかったわけですから、閲覧数の急激な増加がこの大規模障害の原因とは考えにくいです。

それではいったい【YouTubeダウン】の原因や理由ななんだったのでしょうか。

【YouTubeダウン】大規模障害の原因や理由

【YouTubeダウン】の原因や理由については、おそらくシステムの不具合が原因と思われます。

しかし今のところ、そのシステムの不具合の原因や理由についてYouTube側からの正式な発表はなく調査中とのことで、現在もTwitterや各SNSで原因を追求する投稿が相次いでいます。

Sponsored Links

今後はおそらくYouTubeが何かしらの公式な発表があるかと思います。

【YouTubeダウン】大規模障害の復旧はいつ?

YouTubeダウン】の復旧については、大規模障害が発生した「2018年10月17日(水)の午前10時」から約1時間半後には復旧しました。

現在はYouTubeは問題なく閲覧できる状態ではありますが、原因や理由がハッキリしないうちは、ウイルス感染や情報漏えいの危険性があるため、閲覧が控えた方がいいでしょう。

まとめ

では今回起こった【YouTubeダウン】、YouTubeが世界規模で閲覧できなくなるという現象のまとめです。

  • 閲覧不能状態は日本だけでなく世界規模で発生
  • 発生時刻は2018年10月17日(水)の午前10時ごろ
  • 現在はすでに復旧している
  • 原因や理由については現在調査中でYouTube側からの発表待ち

以上となります。

今後のYouTube側からの公式発表が楽しみですね!

Sponsored Links


トレンドニュースランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする